top of page

脚本家小山内美江子さんが亡くなられた




小山内先生は皆さんご存じの通り金八先生の生みの親です。

僕は新八先生だったので関係なさそうに思えるでしょうが、先生が長年NPO法人として活動されていた「JHP・学校を作る会」でカンボジアに200校以上の学校を作るのに尽力されていた頃、寄付を募るパーティーの司会を頼まれたことがありました。


なぜ僕なのかと疑問に思っていたら先生が僕の「八十八夜」という曲が大好きで是非お願いしたいとのことでした。それから先生との交流がありカンボジアでの体験ボランティアの活動で僕の曲「Peace For The Children」がぴったりということでCDを100枚ほど寄付したこともありました。

現地の子供たちが音楽学習の一環で出来上がった学校でのマーチングバンドでその曲を練習してくれて、交流会で日本に来た子供たちが「Peace For The Children」を演奏してくれました。とても練習したようで素敵な演奏に感動したのを覚えています。


小山内先生は何度も僕のコンサートにも足を運んでくれて、来られた時は「今日は八十八夜は歌うの?」といつもおっしゃってました。

晩年、足の調子がお悪くなり車いすで移動されるお姿に「お元気ですか?」と声をかけると「車いすだからコンサートになかなか行けなくてごめんね」と申し訳なさそうに笑ってらっしゃいました。


あれから長くお会いしてませんでしたが今日訃報を聞いてまた一人日本にとって大切な人を亡くしてしまったと悲しい気持ちになりました。

先生の笑顔に‥合掌

0件のコメント

ความคิดเห็น


bottom of page