top of page

【1979/4】TBS系ドラマ「愛と喝采と」武井吾郎役



【あらすじ】

元歌手で音楽プロダクションの社長を務める町田千恵は、自分が果たせなかった夢を後進に託すべく、スター歌手育成に全てを賭けていた。そしてその夢を新人歌手・武井吾郎に託すこととなる。吾郎は後に作られた人気に反発して一人で自分の道を進んで行こうとするが…。作曲家の北川薫、レコーディングディレクターの林、吾郎に対し愛を抱く千恵の妹・広子、薫の同棲相手・百合子ら様々な人々が、千恵の熱意に動かされていく…。音楽界を背景にして、万雷の喝采を求めて追い続ける千恵のその熱意と吾郎を売り出すプロセスを中心軸に描いた。

0件のコメント

Comentarios


bottom of page