top of page

【1998/12】ミュージカル「シャンポーの森で眠る」男役



【あらすじ】

作曲家である男は、自らの古い日記をもとに新しい作品を創ろうとする。

しかし日記が呼び起こしたのは、彼自身が一度は消そうとした思い出だった。

男は、双子が不吉なものと信じられている小さな村に、双子として生まれ、仲良く育った。

時は過ぎ青年となり、村のはずれに住む、自分は不器量と信じ込む少女ファデットと出会う。

秋祭りの日。愛を追うもの、愛に追われるもの、そして愛を奪われたものが交わる。

失意の男は軍に入隊し村を後にする。しかし戦火は故郷の村にも広がっていく。

「消えるのは、ぼくのはずだった…」

かつての苦しみを背負いつつ、妻子を得て生きて来た男の前に、鬼火たちが姿を見せる……

0件のコメント
bottom of page